スポンサーリンク

宴会で使えるジンギスカン食べ飲み放題のお店!!

食べ放題東京バナー

全国どこでも美味いジンギスカンを食べれるお店を知りたい

ジンギスカン検索バナー2

自宅で美味いジンギスカン食べる為のい・ろ・は

自宅

お正月に食べるお赤飯 北海道では甘納豆入りが定番です



お正月にはどこのご家庭でも
新年のお祝いに「お赤飯」を食べますね。

北海道では必ずお赤飯には
「甘納豆」が入っています。

甘納豆入りのお赤飯て食べたことありますか?

ほんの~り甘くて
大粒のお豆が入った「お赤飯」
美味いんすよ!コレが!!

赤飯

 ⇒甘納豆入りお赤飯を食べたい方はコチラ>>

お正月には必ず食べてましたね!
て言うか、マスターはそれで育ちましたw

東京に上京してきて
いろんなカルチャーショックがありましたが
「なして内地のお赤飯には甘納豆が入ってないのさ?」

ていう感じでしたw

 

ちなみに
その他のカルチャーショックは

  • 北海道には雨戸もありません
  • 家の中寒い
  • 雪の日傘をさす

などなど
不思議な事が多々ありました(^_^;)

ちょっと話がそれちゃいましたねw

 

と!言うことで北海道のお赤飯の秘密を伝授!

北海道の赤飯にはなぜ甘納豆?

マイナビニュース引用

北海道独特の甘い赤飯は、どのようにして誕生したのだろう?
札幌に「光塩(こうえん)学園女子短期大学」という私立の学園がある。

1948年 に服飾の学校として産声をあげ、1958年からは栄養課程を設置。現在は食物栄養科と保育科があり、古くから多くの札幌女性たちが、家政教育を学んだ伝統 的な私学なのだ。

この学園の初代学長である、故・南部明子先生のお母さまが甘い赤飯を考え出したという。お母さまは子どもたちが喜ぶようにと、炊き上げた赤飯に甘納豆を載せ食卓に出したそうで、南部先生はその味が忘れられなかったという。

そしてその 後、昭和20~30年代に、あちこちの料理教室からひっぱりダコとなった南部先生は、しばしばそこで甘い赤飯を紹介した。

当時、札幌を代表する料理の先生 として名高かった南部先生の料理は新聞やラジオを通じて北海道中に紹介され、それがきっかけとなり甘い赤飯も道内に普及したのだ。

いかがでしたか?
北海道のお赤飯の深ぃぃお話でした^^

 

美味いジンギスカンを賢く買う選択

送料無料バナー

マスターが実食!!北海道のジンギスカン通販店レビューランキング

oukan-kinmatuo1111修正
元祖!ジンギスカン!秘伝のタレに漬かったラム&マトン!!
簡易鍋付きのお試しセットがおすすめ!

oukan-gin肉のあおやま1
北海道のお肉專門店!ジンギスカンの種類も豊富!
新鮮なラムを食べたきゃココ!

oukan-do最北71
これぞ!北海道!と言う激うまグルメが一堂に集まったショップ!
熟成生ラムがオススメ!

この記事はあなたのお役にたてましたでしょうか?

あなたの応援を糧にして明日も頑張って記事を書くことができます!
本日の人気ブログランキング応援クリックありがとうございます<(_ _)>


1391485166EM3BaYi0ncN9qej1391485166(1)

コメントを残す